転職支援サービス 評判や口コミを当サイト独自に収集しました。転職支援サービスの体験談をありのままに掲載しています。


マスコミ求人に強いマスメディアンの評判は?

マスメディアンの評判

転職のきっかけ、動機などをお聞かせください

 

以前は、広告代理店に勤務していて、広告業界に戻ろうと思って転職活動を始めました。景気も悪く、給与も下がり、立場も追われていて、やはり、どんなに不景気でも広告業界に戻って、専門職としての仕事だけをしているほうがいいと、転職することに決めました。

 

 

なぜマスメディアンを選んだのですか?

 

宣伝会議という専門誌をご存知の方も多いと思います。マスメディアンは宣伝会議のグループ会社で、マスコミの求人を専門に扱っていると評判で登録しました。コピーライターやデザイナー、SPプランナーの方なら、知らない方はいないと思います。当然のごとくマスメディアンに登録しました。

 

 

マスメディアンのカウンセラーと面談でのアドバイスは?

 

表参道にあるマスメディアンの入っている宣伝会議のビルに面談に伺いました。事前に面談希望日をメールで伝えるのですが、在職中で、21:00からの面談をお願いしたのです。「遅すぎるかな?」と思ったのですが、さすがに夜型のマスコミ関連会社で、ごく普通にご承諾くださいました。

 

 

職務経歴書を事前にメールでお送りしておき、広告や販促の企画書のように、チャートなどを使って、スキルを表現してみる方法をアドバイスもらいました。これまでに作成したキャンペーンの企画書などをまとめて、作品集も用意し、応募書類と一緒に求人企業様にご提出することも、勧められました。

 

 

カウンセラーの対応をお聞かせください

 

夜遅い時間の面談にも快くご対応ください、エントリーしてから3日後に、マスメディアンからメールで面談日程の連絡依頼が来ました。これが、早いかどうかはわかりません。職務経歴の内容も、同業者感覚でよく理解され、キャンペーンの予算規模など、具体的な話題と質問で、気持ちよく相談ができました。

 

 

職種を固定して、応募先のアドバイスを受けましたので、会社の規模や業種によって選ぶことができます。マスメディアンは企業別にご担当の方がいらっしゃるそうで、求人内容のくわしい説明は、企業ごとに別の担当者の方からご連絡をもらいました。

 

 

どのような求人を何社くらい紹介されましたか?

 

博報堂のグループ会社で印刷物を中心としるエージェンシー1社と、大手自動車メーカーのグループ会社でハウスエージェンシーと呼ばれる広告代理店を1社。他には、中堅の販売促進専門のエージェンシー1社です。合計3社を面談後、1カ月くらいの期間でご紹介されました。

 

 

マスメディアンの利点、欠点をお聞かせください。

 

ハウスエージェンシーという大手企業のグループ会社でありながら、広告代理店であるという特殊な企業の求人をご紹介されたことです。もちろん博報堂のグループ会社も、なかなか面接までは、いけないと思います。マスコミの求人に特化しており、求人企業様とのパイプの強さが、選んでよかった点です。悪い点は、ありません。

 

 

マスメディアンの評価は?

 

マスメディアンは花丸をつけるくらいの満足です。2社ともに面接に進み、内定をもらったのは、やはりマスメディアンさんのおかげです。大変、失礼なお話ですが、この2社ともご辞退させてもらったのですが、今でも登録は継続しており、案件のご紹介もあります。

 

 

マスメディアンはどのような人にオススメですか?

 

マスコミ業界のクリエイターには、もちろん、マスメディアンをお勧めします。特にデザイナーの方やコピーライターの方にはお勧めで、過去の実績を業界人として評価できるのはマスメディアンさんしかありません。

 

マスコミ関係で働きたいならこちらから

 

顧客満足度ランキング